Natsuko’s Channel

10秒のお祈り

5分で分かる! 裏技シリーズ。

今回のテーマは「10秒のお祈り」です。

 

・いつでも、すぐ10秒でできてしまうお祈り

・苦しみや悲しみが癒されていなくても、今、先に感謝をする

 

祖母が教えてくれた敬虔な祈り

今日は5分間でお伝えする動画シリーズの「お祈り」編をお伝えしたいなと思います。

わたしはいつもいろいろな苦しかったりとか辛いことがあったりする時、お祈りをすごくしてきたんです。

小さい頃から祖母と一緒にドイツのプロテスタント派の小さな教会に通っていて。
何かあると祖母からは、神様、天の采配というものがあるということ、スピリチュアルな用語でいうと宇宙の采配、量子力学的に言ったら、肯定的な光の波動・周波数が全部を整えて、たくさんの恵み、食べ物だったり、出会いだったりを与えてくれる、喜びを与えてくれるんだよ、ということを、伝えてもらっていて。

祖母自身も、わたしの前で祈るんですね。
祈ってからでないと、ご飯はいただかない人でした。お水1杯いただく前にもお祈りをしてましたね。
それを見ていたので、ほんとうにそれが自然で。

敬虔なのは祖母だけだったので、母とか父がお家で祈っていたかというと、そうじゃないんですよ。おばあちゃんだけなんです。
だけどそのたった1人の敬虔な人の姿というのが、こちらの方が正式なんじゃないか、みたいな気持ちにわたしがなったんですね。

それでその祖母の醸しだしている、祈り続けることでいつもリセットされていく、心がいつも感謝に満たされている生活にシフトしていく。
コツコツと毎日それを繰り返してく習慣にすごく清々しさを感じて、わたしも見よう見まねで真似をして、祈ってきた1人なんです。

 

「今」というこの瞬間に愛の経験に変わる

そのなかで1番短くて、早く言ったら8秒で終わっちゃうぐらいの、ゆっくり言ったら10秒ぐらいで終わるお祈りを今日はお伝えしたいなと思っています。

たとえば、目の前にいろいろな問題事が起こったり、自分の気持ちが収まらないような苦しいことが起こった時に、こう祈ってみてください。

「神様。この問題を、この辛い経験、この苦しい出来事を、今、愛と奇跡の経験に戻してくださってありがとうございます」

こんな感じです。
お祈りについての説明を詳しくすると、たぶん5分じゃ終わらなくなっちゃうので。

このお祈りで、「今」というこの瞬間に、すでに問題や悲しい出来事が、愛の奇跡体験(奇跡体験っていうのはシンクロニシティの事です)に、すべてのタイミングが綺麗に、こんなに悲しいことが愛の体験に変わったっていうこと。

悲しいことが消えてなくなるっていうことではなくて、この悲しみの経験とか苦しみの経験が、感動の経験に変わるような感じって言ったらいいですかね。
そちらに方向性を持っていく祈りなんですね。

祖母がわたしに見せてくれていた姿そのもの、そのことに感謝に満たされていく。
ほんとうにそれがそうなった、こんな不思議な、信じられないような変容が、ほんとうに経験できたことに、ありがとう、と「今」、先に感謝をするんです。
実際それがまだなってなくても、苦しいままであっても、見よう見まねでもいいので。

たとえそれが、まだ苦しみから癒されていない経験であっても、まだ苦しいままであっても、「今」それが奇跡体験に変わることに深い感謝を持てるようになったら、辛い時にこれが変容するという、その采配への信頼をもって祈れることが出来るようになると、現実創造・現実の変容はすごく早いです。
ぜひ、やってみてください。

 

ご自分の好きな大いなる存在へ祈る

目の前にある辛い出来事、悲しい出来事に対して、神様やお好きな名前でいいです、ご自分の信頼されている神様の名前。

もちろんキリスト教じゃなければ神道の方だったり仏教の方だったり、そういうのがわからないって言ったら大いなる存在でもいいですし、そういうのも感じないってなったら亡くなったおじいちゃんやおばあちゃまの名前でも、全然結構です。
大好きだった身体から今離れて霊体になってらっしゃる方のお名前を呼んで、お祈りしてみてください。

わたしは神様でお祈りしてしまいますね。
みなさんは、分かりやすいように置き換えてください。

「神様。この目の前にある問題や苦しい出来事、わたしの中の悲しい感情を、今、愛の奇跡体験に戻してくださって、ほんとうにありがとうございます」

これをぜひ、試してみてください。
そして試してみた、その与えられた結果、その後に変容していく現実というものを、ぜひじっくりと観察して受け取られてみてください。

今日は10秒ぐらいで出来るお祈りをお伝えしてみました。
ぜひ、やってみてください。
今日もお話を聞いていただいてほんとうにありがとうございます。

 

N

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket