Natsuko’s Channel

わたしたちは「将来」を生きることができない

将来のことを考えると不安、
将来どうなりたいかわからない、
将来についてアドバイスがほしい、

そんなあなたへ……。

 

・将来は存在しない?
・わたしたちは将来を生きることができない
・安心できることだけをやっていく

 

わたしたちは将来を生きることが永遠にできない

 

はい。今日はですね、ちょっと5分くらいで短いお話も聞いてみたい、ちょっとだけ、ちょっとの合間に聴けるものを欲しい、というリクエストもいただいたので、短い感じで聴くことができるものをお話ししたいなと思っています。

今日は、みなさんが時々おっしゃる「将来が不安」ということについてお話ししたいなというふうに思っているんですけれども。

いろんな将来のこと、老後のこととか考えると心配・不安というのありますよね。漠然とした不安。

将来というものは存在しないんです。
だから不安になる必要がない、というふうにわたしは思っていてですね。

冷静に考えて下さい、みなさんが生きられる時間というのは、過去にも戻れないし、未来にもタイムマシンがないと行けなくてですね。

みなさんが居られる時間、生きられる時間というのは、今しかないんですよ。
「今、ここ」でしか時間を使うことができないということに、冷静に考えると気づきますよね。

だから、わたしたちは将来を生きることが永遠にできない存在なんです。

 

将来が不安なのではなく、「今」が不安

 

そうなりますと、将来を生きることができないのに、不安になっても意味がない、というふうに思うんですね。
てことはですね、将来が不安なんじゃなくて、その方は、「今・不安」なんですよ。

「今、不安な気持ち」を「将来が不安」というふうに、くっつけて見がちというか、今、不安なことを、「過去こうだったから、わたしはこんな不安になっている」というふうに、過去の何かネガティブなこととか、後悔に結びつけたりしている、ということなんです。

だからどちらにしても、「今」が不安なんですね。
OKですか?

だから「将来が不安」と言ってらっしゃる方は、「将来が不安」なのではなくて、「今が不安」なんです、というところにまずファーストステップで戻ってみてください。
大丈夫ですか? OKです。

 

そうしますと、「今、自分は何が不安なんだろう」というところに、もう1回戻っていきます。
「いや、だからわたしの不安は将来なんです」と言って、また将来に行かないでくださいね。将来は存在しませんし、将来は生きられない時間ですから。

「今、ここ」で生きていることを考えたときに「あれ…?やっぱりそんなに不安じゃないな」ということも出てくるかもしれないです。

ちゃんとご飯を召し上がることができて、お家があって、お仕事があったり、学校に行ったり、お友達がいたりとかして、まぁ、ちょっと納得がいかないこととかもあるかもしれないけど、そこまで不安じゃないな、と。

もし将来の不安を考えたときに、将来って存在しないんだな、と我に返る。
今の生活の中で、ご自分が「将来」ってキーワードを外したときに不安じゃなければ、それでいいんです。

今、この充実した世界や、感覚や、毎日の暮らしというものを、どうぞ大事にしていってください。それで大丈夫です。

ほんとうに将来のことを考えて、何かネガティブになる必要はほんとうにないです。
大丈夫。今です、今のことだけを考えていてください。

 

わたしが安心できることを大切にする

 

逆に、「今のことを考えよう」となったら、今の自分のこと大嫌いだし、今の仕事はほんとうに嫌いなことをやっているし、無理して我慢してるし、今のこととかすっごい考えるの嫌だ……という自分に出会った方、今の自分が全部嫌みたいな、全部まで言わないけど7割嫌とかという感じの生活をされている方がもしいるとしたらね、そこからちょっと変えていってみましょう。

コツコツ、ご自分の好きなお仕事とか、ご自分のやってみたい気持ちとか、ご自分が食べてみたい今日のディナーとか、そういう事をほんとうに細かいところから丁寧にチェックしていって。考えていると忘れちゃう方は、ちょっと手帳にも携帯にも書いたりしてみてください。

不安の反対側というのは安心ですよね。
「わたしが安心できることはこういうこと」ということを、携帯とか手帳とかに書いていってほしいんです。
「わたしの安心はお家に帰ってくること」とか、「なるべく早く、いっても7時ぐらいにはお家に帰ってくると安心する」とか、「こういう人と週何回かお友達とお話しできたりすると安心する」とか、「この人の Youtubeを見ると安心する」とか。

不安の反対側、安心することをきちっと自分で、今、自分が安心できること、ということをちゃんとまとめて、それをきちっとひとつひとつ大切にして生きてみてください。

そういうふうに今の生活スタイルというのをきちっと変化させるというか、変えてみてほしいんです、そんなに難しいことじゃないですよね?

今日わたしが安心できる生き方・暮らし方はこれです、この人と一緒に時間を過ごすと安心します、この人とメールをすると安心します。
逆に、この人といると、こういうことをやりとりすると不安になります、ということはしない方がいいです。

案外、好きな人とのなにかメールのやり取りが行き違うとか、意見が行き違うことで不安が増す人っていたりしますでしょ。
そうしたら、好きな人であっても無理して不安になる時間を過ごすことはないんですね。

それをしないで、安心できる方たち、安心できる人……もし、好きな人が安心できるならそれでいいですし、安心できることだけをひとつひとつやっていくという生活スタイルに、まずは1週間でも、2週間でも、1ヶ月でも、変えてみてください。

そうしますと、将来の不安というものがまず消えているのに気づきますし、現実の中でまったく違う角度の経験や引き寄せが始まっていくので。
そういった感じで、まったく違う角度のチャンスとか引き寄せというのは実は増えてくるんです。

そんな簡単なことなんですよ。

 

愛とは「正しいこと」ではなくて「安心」

 

安心していることを、ひとつひとつやっていく。

無理をしないというふうに生活スタイルを変えるだけで、いい仕事をご紹介いただいたとか、いい人との出会いがあったとか、お友達が増えた、楽しい時間が過ごせた、ということの面白いシンクロニシティが増えてくるんです。

愛というのは、「正しいこと」ではなくて「安心」なんです。
「愛ってなんですか?」っていったら「安心していること」なんですよね、「幸せなこと」なんですね。
「これが正しいから、愛です」ということじゃないんですよ。
「正しさ」じゃないんです、その方にとっての「安心」なんです。
だから今、安心できることを生きていく、そのあとに、みなさんのなかでとっても考え方とか見方が変わっていくんですね。

まず安心の多い生活をしたあとに、変わった視点とか感覚が自分の中に養われたあとに、どんなふうに自分が変わったか、という話をほんとうに機会があったらみなさんとしたいなって思ったりします。

 

まずは不安なことをしない、不安の反対側のことをきちんとメモして探して、その安心の行動ををひとつひとつしていくこと、をしてみてください。

将来が不安。将来というものはありません。今の不安だけがある。
だから、今の不安を安心に、反対側にひっくり返して変えて、ひとつずつ大切に生きてみてください。

 

N

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket