ボイドタイムについて

 

ボイドタイムは、おもに西洋占星学で用いる天体の配置図において、月がほかの太陽系の天体から孤立しているタイミングのことを指します。

そのため、ボイドタイムは、“空の時間”や“無の時間”、“月からのエネルギーが遮断されている時間”と言われています。

占星術では、月は人間の感情や心を象徴していることから、ボイドタイムには、思考力が低下したり、ミスが多発したり、相手との意思疎通がうまくいかなかったり、重要な契約や新しいことをはじめるのは避けたほうが良い時間として知られています。

レーガン元米大統領は、この時間に会議を行わないようにしていたり、日本でも陰陽師が活躍している時代、戦に行くタイミングはこの時間を外していたといわれている、非常に影響力がある時間帯です。

Natsuko’s Message

 

ボイドタイムとお祈りの時間が重なる日は、お祈りの時間の方を避けていきます。

 

新月と満月のお祈りの時は、たくさんのみなさんとご一緒に心をひとつにできる尊い夜。

その瞬間を、より強力な月の力を受けられるタイミングにあわせなおしたいからです。

 

月の力は48時間放たれていますので、その範囲内でお祈りの時間をずらすことがあるのをご理解いただけましたらとおもいます。