Natsuko’s Channel

モテるためには

5分で分かる! 恋愛成就・パートナーシップの裏技シリーズ。

今回のテーマは「モテるためには」です。

 

・自分が男性だったらどんな女性に惹かれるのかを考える

・恋愛対象の相手から惹かれる人になって生きてみる

モテるためには?

はい、今日は、5分でわかるシリーズの動画で、今日は「モテるためには」編です。
だんだん皆さんのご質問がストレートなものになってきて、動画の行く末がこんな感じになってきていますけれども。

でも、「モテるためには見た目をどうしたら?」とか「何をどうしたらいいんでしょうか?」みたいな、そのままのご質問がいっぱいきたりしているので、エネルギーワーク的に、物理学的に、光のわたしたちである周波数的に、一番矛盾がないものをちょっとご説明しようかなというふうに思っています。

わたしがクラスでいつもお伝えしてることでもあるんですけれども、例えば、わたしは女性です。わたしは性的嗜好とか趣味嗜好が、男性を愛する人なんですね。
女性でも女性を愛する方いらっしゃるので、ここは、ご自分の嗜好に合わせてください。ご自分が見てる方が男性だったら置き換えて、女性を好きでしたら女性、男性を好きでしたら男性。

わたしの場合は男性なので、〈自分が男性になった時に〉今の佐川奈津子さんを好きになるかどうか、っていうふうに見てるんです、自分のことをいつも。

 

わたしが男性だったらどんな女性を好きになるのか

わたしは、わたしが男性だったらどんな女性がいいかっていうと、まず依存されるのがちょっと難しいんですよね、やっぱり。
べったりされたりとか、否定的なエネルギーを持ってる女性ですと、すごく体が痛くなってきちゃうので。ちょっとエンパス体質ということもあるので。
そういう女性は少し難しいなって思うので、自分が男性だったらポジティブな女性がいいですね。

それで男性だったとしても、たぶんわたしはすごく仕事が好きだと思うんですね。
もう明けても暮れても仕事してそうなので。
だから仕事したいなって思う時に仕事をうんとさせてくれる女性が好きなんですよね、きっと。
そういう時にかまってちゃんが出ちゃうとすごく疲れちゃうので。
自分が仕事したいなと思ってる時にそれを感じてくれて、察してくれて、どうぞ、ってやらせてくれる。
そういう時はもうメールも来なくていい、ほっといてくれる人がいいなって思うんですね。

あとは一緒に旅行したりとか、一緒にプライベートな時間を過ごす時は、そのまんまの人が好きなんですよ。
飾らないで裏表がないっていうか、気を使わないで子供みたいな人っていうか、無邪気で難しくない人、単純な人がいいから、そういう人がいいなって男だったら思うんです。

あとは声が小さい人。
わたしが男性だったら声が小さい人が好きなんですよね。
だから、そういう数々の〈自分が男性になった時に〉こんな女性がいいなっていう人になって生きてるんです、毎日。
それが、モテる秘訣です。難しいですか?大丈夫ですか?

 

自分自身と一致して生きる

そうすると自分がいつも異性から見ても、恋愛対象の相手から見ても矛盾しない。どこから切り取っても一致してるから、すごく安定する、性格とかキャラクターとかが。

自分自身が自分と一致して安定してるから、さっきお話ししたような、わたしが男性だったらこんな人を好きになる、というわたしでわたしは生きてるわけだから、そうすると、そんな男性、わたしが男性になったバージョンみたいな方が現れるんですよ、パートナーとして。

だからどこにも矛盾がなくて一致する。
だからとってもモテる。結果、モテることになるんです。
無駄がない。

全然気の合わない人からモテることも逆にわずらわしいって変ですけど、一致しないと気疲れしちゃうっていうのがあるじゃないですか。
どこにも矛盾がないと、自分がいつもエネルギーがクリアですし、気持ちよくモテると思います。
よろしかったら是非やってみてください。

ご自分の好きになる対象の逆になって。自分が男性だったら、自分が女性だったら、と同性が好きな方は、逆の対象として見てください。
こんな女性がいい、こんな男性がいいっていう、それをただ毎日表現して生きるとモテ始めます。これ、割と効果的です。よろしかったらやってみてください。

今日も不思議なお話を聞いていただいて本当にありがとうございます。
ありがとうございます。

 

N

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket